[結月 さくら]言解きの魔法使い 第01巻~第04巻

[結月 さくら]言解きの魔法使い 第01巻~第04巻

作品紹介
僕の親友は“魔法使い”に成り果てた――

昭和二十八年、矢萩真は時計店で働く傍ら、失踪した親友・藤堂ナツメを捜していた。矢萩はやがて藤堂家の私蔵図書館でナツメと再会を果たすのだが、ナツメはとある理由から魔女によって図書館に囚われ、“言葉”と“文字”を操る魔法使いに成り果てていたのだった――。
内容紹介
ついに魔女が矢萩の前に現れて――?

元婚約者の海鈴の部屋に入った矢萩と倉科は、そこで一冊の本を発見する。どうやらそこには矢萩の身に起きたことを知る手がかりが記されているらしいが、結界がはられており、開くことができず……? 本について思いをめぐらす矢萩だったが、そんな彼の前に魔女が現れる! 彼女が語る驚きの言葉とは――?
DOWNLOAD/ダウンロード

言解きの魔法使い 言解きの魔法使い 言解きの魔法使い